ギャンブル徹底比較!パチンコ・パチスロとの違いは?

ギャンブル徹底比較!パチンコ・パチスロとの違いは?

パチンコとパチスロの違い!ギャンブル徹底比較

全くパチンコやパチスロに触れた事がないという方であれば、パチンコとパチスロの違いは全くわからないでしょう。

しかし、結論から言いますと「パチンコ」と「パチスロ」は全く違います。

でわ、どのように違うのか解説していきたいと思います。

パチンコとパチスロの違い!

まず見た目からして大きな違いがあります。

「パチンコ」は銀玉を打ち出してそれを賞球口に入れるというのが主なゲーム性に対して

「パチスロ」はメダルを入れてレバーを叩く、というのが主なゲーム性です。

「パチンコ」

パチンコ

もう少し詳しく「パチンコ」について説明していきます。

「パチンコ」は、種類としてはスペックや大当り中の性能が挙げられますが、打ち方としてはそう変わりません。

基本的には銀玉を打ち出し、賞球口に入れてゲームを回し、大当たりを目指すゲームです。

「パチンコ」の場合は「ハズレ」か「大当たり」かしかありません。

ですので、一見して惜しいように見えるリーチなどの演出も全て初めから決まっているものです。

基本は通常時は左打ちで賞球口を目指し、大当たり後は右打ちでアタッカーやチャッカーを狙います。

これがパチンコにおける打ち分けです。

「パチスロ」

パチスロ

「パチスロ」とは、メダルを入れてレバーオンすると数字や絵柄のついたリールが回り始めます。

これが1ゲームとカウントされます。

この状態から手前にあるストップボタンを押してリールを止めます。

この際第1〜3停止まであり、3回止めることになります。

この時、抽選はすでに始まっていて、大まかにわけて3つの分岐があり「ハズレ」「小役」「大当り」に分けられます。

小役であれば払い出しがあったり、その後のゲームが有利になったりしますし、大当りであれば当然メダルが増えます。

ボーナス中は自動で小役が揃う場合がほとんどです。

しかし、目押しが必要な場合も存在します。

さらに「パチンコ」と大きく異なる部分としては、『設定』というものがあります。

これは、大当り確率や小役成立確率などに差をつけて1〜6の設定を設け、ゲーム性に幅を持たせるものです。

数字が大きいほど「パチスロ」でプレイする側にとっては有利です。

しかし、平成30年からの規制により「パチンコ」も封入式になり設定が設けられることになっているので、「パチスロ」のこの部分はそう遠くないうちに共通のものになるかもしれません。

パチンコとパチスロの共通の違い

共通の違い

「パチンコ」と「パチスロ」の違いはお分かり頂けたかと思います。

ただ、「パチンコ」と「パチスロ」には共通の違いがあります。

それは、お札やカードを入れる機械であるサンドの向きのことです。

これが、「パチスロ」の場合は右側に、「パチンコ」の場合は左側になっています。

これは、「パチスロ」はゲームを回すためのレバーが左側についているので、必然的に右腕が空きやすいためサンドが右側になっています。

対して「パチンコ」の場合は、右腕でハンドルを回すことになるので、右腕は常時ふさがっています。

右側に付いていてはサンドの操作がしにくいので、左側になっているというわけです。

もし間違えて隣のサンドにお札を入れてしまったりすると、当然ですが隣に入金されます。

そこでトラブルが生じることもあるので、気をつけましょう。

パチンコ・パチスロ共通すること

実際に打つユーザーによって機械割が変化する、ということです。

機械割とは、出玉率のことで、これはボーナスなどの大当たりだけに限った話ではありません。

「パチスロ」の場合はリール上に目押しの目安(通常時はボーナス図柄を狙うなど)があります。

これらはプレイヤーによって変わってきます。

「パチンコ」の場合は、止め打ちというものが存在します。

これを保留が溜まっている時やリーチの時に押しっぱなしにすると『保留がたまらない』『打ち出した銀玉が無駄』になります。