ギャンブル徹底比較!麻雀との違いは?

ギャンブル徹底比較!麻雀との違いは?

麻雀の違い!徹底比較!

麻雀は大きく分けてネット麻雀とリアル麻雀の2つに分かれます。

ネット麻雀というのは、インターネットを介して実際に姿の見えない相手とプレイする形式です。

一方リアル麻雀というのは、実際卓を囲んで牌を使って行う一般的な麻雀です。

この2つはルール的には同じ麻雀ですが、やってみると意外と違いがあったりもして初めは戸惑うかもしれません。

今回は、このネット麻雀とリアル麻雀の違いについて紹介していきたいと思います。

ネット麻雀とリアル麻雀との違い

麻雀5つの違い

ネット麻雀とリアル麻雀のそれぞれの違いのポイントが5つあります。

①牌の質感の違い

②相手の表情が見えるかどうかの違い

③鳴きがシームレスかどうかの違い

④チョンボのありなしの違い

⑤時間制限のありなしの違い

では、ネット麻雀とリアル麻雀の違いについてそれぞれ詳しく解説していきます。

①牌の質感の違い

まず最も大きな違いは打牌時の牌の質感の違いです。

リアル麻雀では、ツモ牌を山からもってきて手牌に入れて、手牌から1枚取って捨てるという動きをするので牌の重量を感じることができます。

しかし、ネット麻雀では、ツモは自動で手牌のどの牌を切るかも、ワンクリックまたはワンタッチで行けてしまい質感を感じることはできません。

なので普段リアルで打つのがメインという人はネット麻雀では、「質感がなくて物足りない」と感じる方が多いみたいです。

ちなみにリアル麻雀でも、牌のサイズが小さかったり、牌が軽い素材のものであると、やはり質感がないということもあり得ます。

また、カード麻雀と呼ばれるトランプのような紙を使った麻雀もあり、これもいわゆる質感がない系の麻雀となります。

②相手の表情が見えるかどうかの違い

2つ目の違いとしては、相手の表情が見えるかどうかです。

リアル麻雀では、実際に同じ場所にいて卓を囲んでいるので相手の表情が見えます。

ですが、ネット麻雀では、VRでも導入されない限り、相手の表情は見えません。

ですので、リアル麻雀では感じられた聴牌気配とか手の良し悪しのオーラが、ネット麻雀では全然感じ取れずに負けてしまう場合もあります。

実際、読みをロジカルに行っている人と雰囲気から読み取るタイプの人がいますが、後者の人はネット麻雀では、なかなか読みが発揮できずにてこずる可能性もあります。

③鳴きがシームレスかどうかの違い

3つ目の違いは、鳴きやアガリについてです。

これはネット麻雀の方が簡単で、たいていのネット麻雀では、鳴ける牌があると「鳴きますか?」と出てくれるし、アガリ牌も自動で判別して「ロンor見逃し」みたく教えてくれます。

なので、鳴き逃しとかアガリ逃し、あるいは聴牌の待ちが分からないみたいな事態はなくなり、小さな失敗はなくなります。

④チョンボのありなしの違い

4つ目の違いは、チョンボのありなしです。

ネット麻雀では、本来上がれない牌でアガリ宣言する、とか鳴けない牌で鳴く、みたいなチョンボはシステム上できなくなっています。

なのでルールのわからない初心者が入ってもゲーム自体は何とか進めることができます。

ただ、ネット麻雀のみにあるチョンボもあって、それが回線切れになります。

⑤時間制限のありなしの違い

5つ目の違いは時間制限のありなしです。

リアル麻雀では将棋や囲碁のように厳密に時間制限をつけて対局することはほぼありません。

長考すれば煽りを受けることはるでしょうが、ネット麻雀では基本的に時間制限があります。

なので、長考をしないされるのが苦手という早く打ちたいという人はネット麻雀がオススメです。

上手に麻雀を使い分けよう

リアル麻雀とネット麻雀との違いを解説しましたが、リアル麻雀から麻雀をしている方がほとんどだと思います。

ですのでネット麻雀にチャレンジしてみようと思う方は、リアル麻雀のような感覚を持ったまま挑戦しようとせずに、ネットゲームをする感覚でプレイしてみるといいかもしれません。